ドライブレコーダーを使いたい人は必見!ドライブレコーダーの豆知識をご紹介

ドライブレコーダーの設置場所についての豆知識は、レコーダーは自動車のフロントガラスの上部20%に設置するという義務があり、ルームミラーの内側に設置するという義務です。
ドライブレコーダーの設置に関する義務は、道路運送車両の保安基準で決められています。
業務用のドライブレコーダーに関する豆知識ですが、業務用ドライブレコーダーは輸送車などの業務用車両の進行状況や事故の情報を記録するために存在します。
ネットワークを利用して情報を記録する仕組みを採用しているドライブレコーダーもあり、自己記録や進行記録が第三者によって管理されています。

運転の指導のためにも使われているドライブレコーダー

ドライブレコーダーは、単なる記録装置だけでなく、運転の指導と向上のためにも広く活用されています。
この機能は運転の評価を行う手段として使用できます。
記録された映像は、運転スキルや習慣を客観的に評価するのに役立つでしょう。
過去の運転について振り返り、改善の余地を見つけるのにも一役買います。
また新しい運転手、特に新たな運転免許を取得した若者にとって、指導の手段として役立ちます。
教える人や教育機関は、運転のスキルや安全性を向上させるために、ドライバーの行動を評価し、アドバイスをすることも可能です。
ドライブレコーダーは、運転訓練プログラムをカスタマイズすることも出来ます。
記録された映像をもとに、特定のスキルや振る舞いに焦点を当てたトレーニングを行うことができます。
さらに映像は、事故の再現と分析に使用可能です。
運転者は事故がどのように発生し、どのように回避できたかを詳細に分析し、将来の事故を予防するための教訓を得ることができます。
ドライブレコーダーを使用することで、安全な運転文化を促進できます。
運転者は常に監視されていることを意識し、安全運転へのコミットメントが高まるでしょう。
より安全でスキルのある運転者は、交通事故のリスクを低減し、保険料を削減することができます。

音声も記録できるドライブレコーダーの利用方法

ドライブレコーダーをマイカーに取り付ける方が増えていますが、殆どの機種で映像だけではなく音声も録音することができます。
このタイプの利用方法は至って普通の機種になることから特別な使い方は無いものの、注意が必要になることは液晶画面があるドライブレコーダーの場合、音声がオフになっている可能性があります。
マイクのイラストで分かりやすくしていることが多いので、利用の際には必ずオンにしておくことが前提です。
利用に関しては例えば道路を走行中に衝突事故の被害者となった場合、映像だけではなく、車内のドライバーの声や、衝突音まで記録することができるので、証拠としては非常に分かりやすいメリットがあります。
他にも前方を走行する自動車の挙動がおかしい場合、車内での会話も記録されると共に、挙動不審な自動車を撮影することができるので、後に何らかの事故や犯罪に絡んでいることを知った場合、警察へと証拠映像として提出する用途もゼロではありません。

ドライブレコーダーを使用していることが多い業種とは?

ドライブレコーダーを利用している業種の中で最も人気が高いのが、タクシーと運送業です。
そもそも、タクシーや運送業に関しては交通事故のトラブルが非常に多いので、自社が抱えているドライバーに責任が存在しないということをきちんと証明しなくてはいけません。
実際に、ドライバーの運転状況をリアルタイムで把握できるドライブレコーダーが存在しているか、それだけでも安全性を確保することができるようになります。
また、タクシーに関しては犯罪に巻き込まれる可能性も非常に高いので、ドライブレコーダーをあらかじめつけておくことでそういったリスクを減らすことが可能です。
現実的に、タクシーにドライブレコーダーを装着させることで事件性が存在するトラブルを解決したという事例もいくつも存在します。
長期運転が必要な業務については、こういった高性能な機器をあらかじめ設置しておくことで将来的なトラブルを避けることができるようになります。

事故の発生を予防できるドライブレコーダー

ドライブレコーダーを搭載する人はますます増えていますが、事故の発生を予防する効果は期待できるでしょうか。
ドライブレコーダーそのものが、事前に警報を鳴らしてくれることはありません。
しかし後で記録された映像を、ドライバーが見ることができます。
映像を見ることで、自分の運転の様子を客観的に分析することが可能です。
これは運転中には決して気がつきません。
想像以上に安全確認ができていなかったことに気がつくこともあります。
そしてどんな点を見落としているかもわかります。
このようにドライブレコーダーによって改善点に気がつくことで、運転技術の向上につながり事故の発生を予防できます。
そのためにはドライブレコーダーで録画した様子を定期的に見ることが必要です。
運転歴が長くても、それに甘んじてはいけません。
視力や運動神経は年齢とともに衰えることがあるからです。
さらにもっとスキルを磨きたいのであれば、他の人に一緒に録画内容を見てもらいアドバイスしてもらいます。

保険金詐欺の対策にも利用されているドライブレコーダー

ドライブレコーダーは詳細な状況を記録することができるため、保険金詐欺の対策にも効果的に使用されています。
これまでは保険会社が支払いを行う場合、その過失割合がどの程度なのかを判断するためには、当事者の証言をもとにするしかありませんでした。
しかしこれが偽りであった場合には、本来支払うべき必要のないお金を支払うことになるため、様々な問題を生じることが少なくありません。
ドライブレコーダーでは実際に発生した現象を記録していることから、そこからどのような状況であったのかを容易に推察することができます。
例えば本来自動車がその要因で損傷していないのにもかかわらず、後から自ら地図をつけたり、もしくは様々な問題を発生させこれが対象になると主張された場合、俺に反論する方法がありませんでした。
ドライブレコーダーでは様々な状況証拠を得ることができるため、万が一食い違いが発生した場合にはこれを問題視して指摘することが可能となります。

ドライブレコーダーの普及率の現状

日本では多くの方が車を利用していると思われます。
地方は公共交通機関だけで生活するのが厳しいため、一家に一台ではなく一人一台の家庭が少なくないです。
車を安全に運転するために必要なのが、ドライブレコーダーです。
事故の証拠になるだけでなく、全国各地で発生しているあおり運転の被害を防止するのにも有効なものになります。
ドライブレコーダーが付いているので、この車にはあおり運転をするのはやめようと躊躇するケースが多くあります。
ドライブレコーダーの普及率は2023年現在で約52%です。
意外と普及が進んでいないことが分かります。
高価なものだと5万円以上もしますが、そこまで高いものを設置する必要はないです。
1万円から2万円くらいの製品で構わないので、自分の安全を確保するために設置することをおすすめします。
何かトラブルが生じてから、ドライブレコーダーを付けておけば良かったと後悔しても遅いです。
車の運転には一定のリスクがあるので、安易な考えは持つべきではないです。

現在位置を記録できるドライブレコーダーを使ってできること

現在位置を記録できるドライブレコーダーを使用することで、何ができるのか気になるかもしれませんが、基本的には事故に巻き込まれた場所などを記録しておくことができます。
どこで撮影されたものなのかをハッキリとさせることができますから、明確な証拠として使用をすることが可能です。
事故などのトラブルに巻き込まれた場所を記録することができますから、警察や保険会社などに提出するときにも役立つと考えられます。
しっかりとした証拠になりますから、裁判などになったときにも役立つ可能性が高いです。
そのためドライブレコーダーを購入する場合は、現在位置を記録することができる商品を購入するのが大切になります。
接触事故などを起こしたときにも証拠になりますし、人とぶつかってしまったときにも証拠になるので、安心して運転ができるようになるはずです。
どこで何が起きたのかを知ることができるので、決定的な証拠として使用することができます。

車を購入した後にドライバレコーダーを設置する場合の注意点

車を新しく購入した方の中には、後からドライブレコーダーを購入して設置をしている方も大勢存在しています。
ドライブレコーダーは、カー用品店だけではなくECサイトから探した場合では5,000円程度でも解像度が高く機能性も充実した前後カメラ付きの機種は購入できます。
設置する際には注意点があり、まずは電源を確保する方法です。
多くのモデルでシガーソケットを電源にしていますが、もしも購入した車に無かった場合では、電源ボックスからダイレクトに電源を取り出す方法が必要です。
次にフロントガラス上部への設置位置をしっかりと決めることが必要とされ、コード類は長めに設定されているものなのでプラスチック製の内張りはがしを購入し、内張りを少し浮かせながらコードを隠していく方法になります。
ビニールテープなどで縁にコードを留めてしまうと、運転中に落下する危険性があるので、内張りの中に隠す作業は結構重要です。
後は運転席の足元を通過させる電源コードにおいても、同じようにビニールテープでの処理では運転中に足を引っかけてしまい破損する可能性があるので、結束バンドや強力なクリップなどを活用することが必要です。

ドライブレコーダーを導入するためにかかる平均的な費用

ドライブレコーダーを設置すると、万が一の事故に巻き込まれたときや何らかの事件などの記録を確認することができて便利です。
正しく運転をしていても何らかのトラブルに巻き込まれることがありますし、対向車がはみ出してきたり予測不可能な事故に合った時にもドライブレコーダーの記録があると自分の潔白を証明できるメリットがあります。
ドライブレコーダーは車関連のお店で販売されており、自分で取り付けができるタイプもありますし工事依頼も可能です。
お店に依頼すると工賃がかかりますが安心ですし、自分で取り付けるなら工賃を安くすることもできます。
費用は1万円以下で販売されているものもありますし、前後に取付をして工賃を含めると5万円程度になるのが一般的です。
画素数や便利な機能など良いものになると高額になりますが、記録できれば簡素なものでよいのであれば1万円台で購入できるものも多いです。

事故が発生した場合の証拠として使えるドライブレコーダー

交通事故が発生した時に、ドライブレコーダーは法律的な証拠能力が存在するものとして有効活用されています。ドライブレコーダーがこのような活用がされているのは、それだけの機能が搭載されているからに他なりません。まず、映像として事故の状況を客観的に把握できるような鮮明なものであるということが大きいです。高性能な製品になると、当時の映像を鮮明に把握できるようになりますので誰が被害者で加害者なのかということを理解できるようになります。また、音声をつけることができる機能が存在するドライブレコーダーが存在するというのも大きな魅力です。映像だけではなく、そこに鮮明な音声がつくことによってどういった状況でトラブルに巻き込まれたのだから把握しやすくなるためです。さらに、ドライブレコーダーに関しては記録データを改ざんしづらいというメリットもあります。SDカード上で記録できるものに関しては、トラブルがあってすぐに提出することも可能なのでスムーズに証拠で使えます。

ドライブレコーダーの設置が義務づけられている車

ドライブレコーダーは様々な情報を記録することができるものとなっており、安全に運転が行われているのかを確認する上でも非常に便利なものとなっています。そのため1部の車両ではその設置が義務付けられていると言うこともあり、様々な分野で効果的に利用されているのが実態です。 特に有名なのはタクシーであり、屋外と屋内向けのものが取り付けられていることが少なくありません。走行中の様々なトラブルを記録することでいろいろな問題に対応することができるようになるほか、車内での問題も効率的に解決することができる場合が多くなっています。 ドライブレコーダーはさらに様々な映像を記録するため、いろいろな場面で役に立つ情報を得ることができる場合も少なくありません。特にタクシーは走行時間や範囲が大きいので、そのドライブレコーダーの記録は多方面で役に立つものとなることが多いものです。安全確保だけではなく、その他の目的にも利用価値が高いことから、その設置が義務付けられているものとなっているのが特徴です。

ダッシュボードにドライブレコーダーを設置するためのポイント

ダッシュボードにドライブレコーダーを設置する時は運転中の視界を遮らない場所を選ぶ必要があります。前後左右を確認する時に死角が生まれないように設置する場所を調整しなければいけません。設置場所が決定したら次は安定性の確保です。ドライブレコーダーが運転中に動いたり、外れることがないようにしっかり固定します。ドライブレコーダー自体はそこまで重くないですが、急発進や急ハンドル、急停止の時に動いてしまうと危険なので、本体と土台をしっかり固める必要があります。ダッシュボードにドライブレコーダーを設置する時は土台を最初に決めるので、滑り止めのシートを使ったり、接着剤などを使います。新車の場合は接着剤などを使いたくない方も多いので、滑り止めのシートや吸盤のようなものを使うこともあります。愛車を売却する予定がない方はドリルで穴を開けて土台を完全にロックしてしまうことも可能です。完璧にロックさせたい場合はこの方法が一番おすすめです。

あおり運転への対策もできるドライブレコーダー

事故の瞬間を記録できるドライブレコーダーは、状況確認や処理を迅速化できることから近年では様々な車種に標準装備されています。また、事故の前後を記録するだけではなくあおり運転への対策としてドライブレコーダーを取り入れようと考えている方も多いのではないでしょうか。あおり運転をされてしまうと、家族や友人などの同乗者に嫌な思いをさせてしまったり、最悪の場合は大きな事故に繋がって怪我をしてしまう可能性があります。ドライブレコーダーは挑発的な運転や暴行の瞬間を記録することで、被害の立証をしやすくなるため大きな事故に至っていない場合でも物的証拠によって事実が認められると、相手側に免停などのペナルティを与えることができるため、ドライブレコーダーを搭載するだけで危険な運転をするドライバーへの牽制になります。 近年では、前方の映像を撮影するだけではなく後方の様子を撮影できる「2カメラタイプ」や全方位全てを撮影できる「360度型カメラ」など、死角がほとんどないタイプが多い傾向があります。

運転マナーの向上にも役立つドライブレコーダー

ドライブレコーダーの用途としては、本来であれば交通事故の瞬間を記録できるので、過失割合で理不尽さをクリアできることをあげることができます。もちろん、本人は完全に停車している最中にぶつかってきた自動車があれば、停車している映像も記録できるので、相手側の保険で全てをカバーすることを可能にします。一方でドライブレコーダーは運転マナーにも役立つ効果があり、例えば後部にもカメラを設置していれば、煽り運転を受ける被害を無くせたり、追い越しを掛けられた際にもフロント側にもドライブレコーダーが取付けられていることも当然ながら予測できるので、強引な追い越しも避けることができます。道路を走行中の用途の場合では、周囲を走行する他の自動車のことだけではなく、記録される映像の中には、運転者本人の運転も全て記録されます。従って相手だけではなく本人も安全運転を心掛けることにも役立ち、自らの違反行為を記録させないことはマナーの向上に役立ちます。