業務用に使用できるドライブレコーダーの特徴

業務用に使用できるドライブレコーダーの特徴

現代のビジネス環境では、車両の安全性や運転の記録が重要です。そのため、業務用に使用できるドライブレコーダーはますます需要が高まっています。以下にその特徴を客観的かつ散文形式で紹介します。 まず第一に画質の高さが挙げられます。仕事用のドライブレコーダーは、クリアで鮮明な映像を提供することが必要です。これにより、事故や紛争の際に証拠として使えます。1080p以上の解像度を持つモデルが一般的です。 次に、広範囲の視野角が重要になります。広角レンズを備えたドライブレコーダーは、車の前方だけでなく、側方や後方の状況も記録できます。これは不測の事態に対処する際に有用です。 常時録画や駐車監視機能を持つこともポイントです。常時録画は運転中の出来事をキャッチし、駐車監視機能は車が停車中にも記録を続け、不正行為や事故の証拠を提供します。 さらにGセンサーを内蔵したモデルも重要です。衝撃を感知すると録画が自動的に保護モードに切り替わり、その録画ファイルは削除されないようになります。 最後に、使いやすさと信頼性がキーです。直感的な操作や簡単な取り付けが可能なドライブレコーダーは、仕事の効率を向上させます。信頼性が高いモデルは、長期間の使用に耐え、データの損失を防ぎます。

ドライブレコーダーの選び方は夜間走行時のブレーキに影響しないこと

これからドライブレコーダーを購入しようとしている方は、できるだけ品質の良い機種を選ぶことは当然ながら必須です。ECサイトから探した場合、6,000円程度から20,000円を超える機種を見つけることができますが、どのようなランクのドライブレコーダーであっても、夜間走行の際にブレーキランプに影響を受けない機能性が重要になります。例えばフルHD画質やHDR/WDR画像補正機能は最低限必要になり、同時にLEDライトに対応していれば交差点で停車中にフロント側の前方の車両も綺麗に撮影することができるようになります。後部カメラ側でも不審な動きをしている自動車があれば、同じように交差点で信号待ちをしている間にブレーキランプによってナンバープレートが読み取れないという問題を解消できます。最新の機種であれば6,000円台のドライブレコーダーでも国内有名メーカーのレンズを採用しているタイプもあるので、機能性については確認は必要ですが大体はクリアしています。